ニキビの皮膚科治療

ニキビ外来で専門家に治療してもらおう

ニキビを治す、ということにおいて、あまりに改善が見られない場合に選択肢に入れたいのは、「皮膚科での治療」です。

ニキビは勿論皮膚科の診療範囲内であり、自分でケアするよりも更に効果的な治療をしてくれる場合が多いです。

では、実際にはどのような診療・治療をしてくれるのでしょうか?

塗り薬が多い皮膚科の治療

ニキビ治療、というと、塗り薬による治療が主である印象が強い事でしょう。

それは間違いというわけでもなく、「外用レチノイド」という世界標準の塗り薬で毛穴のつまりを除いたり、塗り薬タイプの抗菌薬で菌の繁殖を抑えたりします。

また、イオウ製剤というものを塗り、皮膚の再生を薬で手伝ったりもします。

ただし、皮膚科での治療はそれだけではありません。

内服や直接手段も

皮膚科ではニキビ対策として、内服(錠剤など)タイプの抗菌薬を処方してくれることがあります。

ニキビを悪化させるのはアクネ菌などの菌類なので、それらの活動を抑制することで悪化を防ぐ、ということですね。

また、面ぽう圧出、という方法もあります。

これはかなり直接的で、専用の器具を用いて毛穴の詰まりを取り除く、という方法です。

ちょっと危ない方法と思われるかもしれませんが、毛穴が大きく開いてしまったニキビに用いられ、迅速につまりを取り除くことでなるべく早く毛穴が閉じることを狙っているのです。

また、これは保険が適用されないのですが、ケミカルピーリングといって古い角質を取り除くピーリング薬を肌に塗り、状態を改善するという方法もあります。

ニキビ跡のケアは専用化粧水がおすすめ↓