ニキビを潰してはいけない理由

ニキビを潰すと跡になって残ってしまう

「ニキビはつぶしちゃダメ!」というのが通説であるのは、皆さんもご存知の通りです。

ですが、「つぶしてはダメな理由」というのは、ご存知でしょうか?

また、それがわかると、「つぶした方がいいものもある」という考えに移行することになることは、ご存知でしょうか?

なぜニキビはつぶせないのか

ニキビをつぶしてはいけない、というのは、基本的には正しい事です。

これが適用されるのは、白ニキビ(ほんのり小さく出来た、出来立てのようなニキビ)から悪化した赤ニキビ(炎症のあるニキビ)や黄ニキビ(膿が見えるニキビ)です。

これらのニキビをつぶしてしまうと、その被害は皮膚の表面部分よりやや下にある真皮層にまで達してしまい、いわゆる「クレーター」を作ってしまう要因になってしまいます。

のみならず、そこの毛穴はほぼ治らないダメージを受けてしまい、以降赤ニキビが出来やすいところになってしまいます。

この場合は、出来るだけスキンケア対策をした上で自然治癒を待つか、皮膚科にかかる必要があります。

「つぶしていいニキビ」について

逆に、白ニキビについては、場合によってはつぶしてもいいことがあります。

というのは、この状態だと「ケアをする」というのが難しく、放っておくと逆に悪化しやすくなっているためです。

もし自分でつぶしたいのであれば、「コメドプッシャー」というニキビをつぶすための器具を用意してください。

それ以外、例えば爪でつぶしたりするのはたとえ白ニキビであっても厳禁です。

ただし、白ニキビであっても自分でつぶすのが怖い、という方はもちろんいることでしょう。

その場合はスキンケアをしつつ自然治癒を待つか、もしくは皮膚科でもコメドプッシャーのような専用器具を使った「面ぽう圧出」という治療をしてくれるので、それを頼るのも1つの手です。

ニキビ跡のケアは専用化粧水がおすすめ↓