白・黒・赤・黄ニキビ

白・黒・赤・黄と段階によって変わっていくニキビ

ニキビには色々な種類があり、それらは「白ニキビ」や「黒ニキビ」などと言われています。

この区分けについて、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

ニキビはどのようにして区分されているのでしょうか?

色についての区分けのように見えますが、実際は進行の度合いによる区分けと同一であると考えて間違いありません。

比較的安全な白ニキビ

白ニキビはいわゆる「初期段階」で、肌に白いポッチのようなものが出来ているのが特徴的です。

白ニキビの段階ではまだ肌に重大な被害が出ることはなく、この段階でスキンケアなどの対策をしておけば、まず肌にほとんど痕が残りません。

ちょっと警戒が必要、黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビがやや進行した状態で、皮脂が肌の表面部分まで出てきた状態を指します。

皮脂が表面に出てくると外気に触れて黒く変色するので、黒いニキビのように見えるのです。

この段階も、白ニキビと同様そこまで皮膚に重篤な影響を及ぼすわけではありません。

適切なスキンケアをしていけば、自然に改善されていくものです。

ここから悪化すると、皮膚にとっても危険になります。

痛みが出てくるレベル、赤ニキビ

ニキビがさらに悪化し、炎症を伴うようになった状態が赤ニキビです。

こうなると痛みが出てきて、どうやっても無視できないレベルになります。

炎症を起こしていて、かつ赤ニキビ以降の状態だと皮膚がかなり傷つけられているので、ちゃんと治しても痕が残ることがあります。

のみならず、一度赤ニキビになってしまった毛穴は、治した後でも赤ニキビを再発しやすくなっているのです。

一度赤ニキビを経験した人は、今まで以上にスキンケアに気を遣う必要があります。

膿が溜まっている黄ニキビ

毛穴に膿が溜まり、黄色のように見えるから黄ニキビと呼ばれています。

これは赤ニキビが更に悪化した場合と、何らかの原因でこちらに直接移ってきたパターンがあります。

このニキビは絶対つぶしてはいけません。

つぶしてしまうと、ほぼ必ず傷として残ってしまいます。

こうなってしまったら、なるべく早く皮膚科にかかることをオススメします。

ニキビ跡のケアは専用化粧水がおすすめ↓